八ヶ岳南麓へIターンしてOMソーラーと薪ストーブのある家で暮らしてます  
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
Posted by たけのこ三姉弟のおとう
 
[スポンサー広告
里山ウォーク
八ヶ岳歩こう会主催の「八ヶ岳里山ウォーク」に参加してきました。
この里山ウォークは今回で8回目で、
3歳の子供から90歳のおばあちゃん、遠くは大阪からと総勢500名ぐらいの参加の大会となったそうです。
P1020743_convert_20090714120046.jpg
(開会式の様子、奥にOMの家が見えますねぇ。)

コースは、30、20、12、6キロと4コース。
おとうが参加したのは、6キロコースです。

一番短い距離で「エーッ」とブーイングが聞こえそうですが、
お姉ちゃんとイケメン1号も誘ったし、
しかも、6キロコースだと子供向けのイベントがあるのでね。
(もちろん、このイベントを餌にお姉ちゃんと1号を誘ったのですよ)

道中このような田園風景の中を歩きました。
P1020750_convert_20090714120259.jpg

お姉ちゃんも、1号も、1キロ経つか経たないかぐらいから、
「○○(イベントのこと)はまだか」とか、「もう疲れた~」とか。

途中何度か休憩をはさみながらのウォーキング。
1号は、3キロ地点ぐらいでかなりお疲れモードに。
自分の足で完走させるために、イベントを餌にハッパをかけ続けました。

そして、だいたい5キロぐらいの地点でしょうか。
ようやく楽しみにしていたイベント会場が見えてきました。
おとうが、「あそこじゃない?」と言ったら
二人は猛ダッシュ、疲れが一気に吹き飛んだみたいです。


二人が猛ダッシュするほどのイベントとは
P1020752_convert_20090714120843.jpg
なんだかわかりますか?

そうです、カブトムシ取りだったのでした。

一人3匹までということだったのですが、なかなか見つからず
2匹ずつ、二人で計4匹(しかもオスばかり)ゲットしてきました。

この後はゴールまで1キロぐらいあったのですが、
二人はカブトムシをもってルンルンでゴールまで歩きました。

自宅への帰り道、ホームセンターへよって、
カブトムシのかごと土を買って帰りました。
P1020759_convert_20090714121835.jpg
止まり木は薪を使いました。(なぜかちょっと得した気分)

オスばかりなので、メスを探さなければ。
お嫁さん募集中です(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
Posted by たけのこ三姉弟のおとう
comment:4   trackback:0
[子育て]  thema:育児日記 - genre:育児
comment
No title
6キロも歩くとはエライよ~。
カブトムシ大人気ですね。
土はもらっちゃいけないのですか?
ちょっとオバサン発想だったかしら^^;
2009/07/15 11:18 | | edit posted by 紺ちゃん
No title
おはようございます。今、自然の中でカブトムシが採れなくなっているのでこう言う企画は大喜びでしたね。ポチッ☆
2009/07/17 05:58 | | edit posted by おーちぃパパ
★紺ちゃんさんへ
後から考えると5歳の子に6キロは大変だったかなと思いました。
足のストロークに2倍の差があるとすれば大人の12キロ同等?ですもんね。

土は買う必要はなかったかな?
もし、お嫁さん見つけられて卵を産んだときには
近所の神社から腐葉土(その辺の土)を貰ってこようと思います。
2009/07/17 12:10 | | edit posted by たけのこ三姉弟のおとう
★おーちぃパパさんへ
カブトムシイベントをやるようになって、子供の参加者が増えたそうです(笑)

家のそばでも取れるかなと、先日、裏の敷地の木に餌を吊るしておいたのですが、今のところ、カブトムシが来た形跡がありません。
会社の敷地内にカブトムシの死骸が散乱しているところがあるので、
夜にそこでとったほうが早いかも。
2009/07/17 12:13 | | edit posted by たけのこ三姉弟のおとう
comment posting














 

trackback URL
http://naturelife31.blog112.fc2.com/tb.php/273-f9045951
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。