FC2ブログ
八ヶ岳南麓へIターンしてOMソーラーと薪ストーブのある家で暮らしてます  
山梨の産婦人科
最近、産科のニュースが事欠かないですね。
ほんと、地方には産む場所がないですね。
我が家も引っ越してきた時には、3人目の子供がおなかの中にいたので、
地域間格差を身にしみて感じました。

まず、今住んでいる峡北地域には産婦人科がありません。
韮崎には、かろうじて助産院がありますが、
妻は、なにかあったときが大変なので、助産院は嫌だと。

山梨市に住む知人が、南アルプス市で知ってる産婦人科があるということで、
問い合わせてもらったのですが、ここも数年前に産科はやめたとのことでだめ。

ということで、家探しの時に宿泊した小淵沢のお宿のおかみさん
(この方もIターン組みで出産は山梨ではしていないのですが、保育園に通っている
お子さんがいるので、保育園仲間のお母さんに聞いてもらいました)
に聞いたところ、最近まで富士見高原病院(北杜市のお隣の長野県富士見市にある)で
産科医をされていた先生が甲府で開業したよとのこと。
(この先生がいなくなったからなのか、富士見高原も最近産科の扱いがなくなったそうです)

他に調べるのも面倒なので、車で45分ぐらいかかるところですが、そこで見てもらうことにしました。

お産の時は、3人目だったということもあり、病院についてからすぐ産まれたのですが、
もうちょっと時間のかかる場所に病院があったら、車の中で産まれちゃったかもって感じです。

前に住んでいたところには、市内にも複数産婦人科があったので、
地方は、こんなものなのかと、びっくりしました。
これでは、少子化や過疎化もやむをえないですよね、産む場所がないのですから。

若い方でIターンを考えていらっしゃる方は、こういうことも事前に調べておいた方がいいですよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ にほんブログ村 住まいブログ 自然素材住宅へ
Posted by たけのこ三姉弟のおとう
comment:0   trackback:0
[子育て
comment
comment posting














 

trackback URL
http://naturelife31.blog112.fc2.com/tb.php/31-8baf44ff
trackback